NEW POST

自宅で教室をするということ

おはようございます。

九州で大きな地震が起きていますね。
5年前の東日本大震災を東京で経験しました。
東北の方に比べれば大きな被害でないものの、自分の人生であんなに大きな災害を経験したことが初めてで、そのあと続く余震に毎日怯えていたことを思い出しました。

震災後、天気のよい休日にベランダで太陽を浴びて洗濯物を干していて、何気ない一瞬を本当に幸せに感じました。
当り前の毎日が決して当り前じゃない。
家族が元気で穏やかに暮らせる毎日は、何もない時には当然の日常かもしれないけど、その当り前の日常を大切に出来る自分になりたいと思いました。


現地のみなさんは、1日に何度も襲う大きな揺れと、もっと大きな揺れが来るかもしれないという不安から、気持ちも体も休まらない日々が続いていると思います。
これ以上、大きな揺れが起きませんように。







今日は、私が自宅教室を準備するにあたり、

自宅で教室をする

ということを考えたときに、どうしようかな… と思ったことや、まさに今どうしようかな。と思っていること。
を書きたいと思います。

自分の備忘録の為に。




1.場所の確保
2.集客
3.時間
4.そもそも、私が人に何かを教えることができるのか。


おおまかにはこんなところです。


1.場所
現在横浜市内の賃貸マンションに住んでいますが、間取りは1LDKです。
そして、旦那さんが特殊な時間の働き方の為、現在の間取りで日中に家に人を呼ぶということが現状としても難しい状況もあり、自宅で教室を開くということを躊躇していた部分もありました。
外部でスペースを借りて、出張講習等も考えたこともありましたが、なかなか踏み出せない…

そんな時、以前から我が家の話題にもなっていた引っ越しが決まりました。
横浜から東京の端の方まで毎日往復3時間の通勤をしていた旦那さんは、東京に引っ越したい!
と言っていましたが、なかなか重たい腰の上がらない夫婦なものですから2年ほど放置しており、私も横浜が好きなこともあり、
実行してこなかったものの、私たちも自分たちの人生をちゃんと考えなくてはならない年齢になってきたのだと、昨年末から物件探しを始め、5月末に引っ越しが決まりました。

自宅教室をするにあたり、特に問題なのは花材などの収納スペースと教室として開放するスペースです。
私自身も個人のお宅にレッスンに伺うこともありますが、リビングでされている先生もいらっしゃいますし、一部屋をサロンとして開放されている先生もいらっしゃいますよね。

今回の引っ越しが私の背中を押してくれました。
あまり考えずに、まず始めている!
やっていたら思ってもいなかった問題に直面することもあると思いますが、今回の引っ越しをプラスの機会としたいと思います!


続きは改めて…


a0334295_09543509.jpg


6月に初イベントに参加します!



ess.life.mail@gmail.com
お問い合わせはこちらまで*







by ess-life | 2016-04-13 20:06 | お教室開校準備

日々の小さなことに感謝して、毎日を丁寧にくらしていきたい。。。


by ess-life
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30