NEW POST

自宅で教室をするということ 4

自宅で教室をするといことの最後です。



そもそも、私が人に何かを教えることができるのか

人に何かを教える、もちろん、自分に十分な知識と技術をもって、自信をもって教えるべきだと思う。
それはもちろんだけど、私が今考える自宅教室は、新しいことを学びたい、技術を学びたい!という気持ちと一緒に、普段の生活と違う時間を1か月に1回、3か月に1回、気が向いた時だけでも、その人の日常の中に持ってもらうことで、その人が習い事以外の日常を愉しむ、日々をていねいに暮らすことの大切に感じてくれる時間になればいいな。。。

ということ。


a0334295_21180152.jpg

私の実家は長野県の中部。
写真のようにのどかな田んぼと四方を山に囲まれた場所。
高校を卒業して東京の専門学校に進学して、東京で就職して、結婚して横浜に住んでいますが、地元が大好きになったのは、ここ数年。
決して長野が嫌いだったわけじゃないけど、いつでも迎えてくれる家族がいて、実家があって、そこには私が小さいころから育った風景がある。
それが当り前のように思っていたけど、当り前じゃない。
山があって、自然に囲まれて、夏はエアコンがいらないくらい過ごしやすい、その環境は決して当り前のことじゃない。

田舎には無くて、都会にはあるものが沢山ある
って、みんなそう思っているけど、
都会になくて田舎にあるものだって沢山ある!
そう思えるようになった。


私が育った場所を大切にしたい。
そしてそんな風に考えるようになったころに出会ったのが木の実のアレンジメント。

地元ではアレンジメントに使う木の実がたくさん。
意識的に見てみると、私の実家の周りには、シダローズ、カラマツ、ドイツトウヒなど、沢山の木がありました。

木がある。

そんなこと、当り前。
長野の人はみんなそう思っていると思うし、私もそう思っていたし。
でも、みんなの周りにあることは、決して当り前のことじゃない。

自分の日常が平和に暮らせていることも決して当り前じゃない。
当り前の日常を丁寧に暮らせる時間が共有できたらな。


自宅で教室を開くということは、私にとっては日常をていねいに暮らす、その時間を共有する為の手段。
その為に、私も日々勉強。

皆さんと木の実のアレンジメントを通して、日常をていねいに暮らす時間を共有できれば幸いです。




a0334295_09543509.jpg


トランタンフェスティバル に参加します!
日時:2016年6月13日 (月)
①11:00~12:00
②13:00~14:00
③15:00~16:00
会場:横浜赤レンガ倉庫 1号館、1階
ワークショップ参加料金:¥2,000
タッセル、リボンは当日お選びください*


様々なハンドワークを体験頂けるイベントになっております!
是非ご来場ください

お問い合わせ、ご予約はこちらまで*
ess.life.mail@gmail.com



by ess-life | 2016-05-04 07:30 | お教室開校準備 | Comments(0)

日々の小さなことに感謝して、毎日を丁寧にくらしていきたい。。。


by ess-life
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31