NEW POST

デコールツァプフェンの魅力

最近は少しだけ、空気感やニュアンスを取り入れた作品作りをするようになりましたが、デコールツァプフェンを習い始めた頃の私は、空気感を出す様な作品作りが苦手でした。


木の実のアレンジメントが自分に合うなと感じたのは、フラワーアレンジメントの要素もありつつ、生花やプリザーブドフラワーに比べてクラフト的な要素を強く感じたから。


a0334295_15275669.jpg


プリや生花を本格的に習ったことがないのですが、木の実は扱い方も案外しっかり握ったりしても大丈夫で、ひとつひとつにワイヤーをかけて、組み立てるように編んでいくデザインや手法もあります。
もちろん、ふんわり仕上げるデザインやベースに挿す手法もあります。

組立、編む、ということが私にはしっくりきました。


初めのころからそんなデコールツァプフェンの魅力に取り憑かれた私。


ひとつひとつにワイヤーをかける工程は時間がかかり、上手く形が取れないことも。
思った通りの形にならない。
まだまだ修行が必要です。

それもひとつ、木の実のアレンジメントの魅力かもしれません。

by ess-life | 2018-05-21 08:58 | 木の実・デコールツァプフェン

⬛東京⬛長野 木の実アレンジメント、木の実アクセサリーをつくっています。ハンドメイドのこと。日常のこと。


by ess-life
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31